忍者ブログ
自転車やDIYについて紹介していきたいと思います。

2018

1211
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016

0107
こんにちは!
工具の紹介も一段落したので、今回はDIYについてです!



ブログランキング・にほんブログ村へ


今回は先日紹介した自作の自転車ラックを例に、DIYの紹介をしたいと思います!

   
先日は2×4の紹介でも使ったこちらですが、
覚えるとDIYで便利な事・物がいくつか使われています。





まずは、
  
 
 
金具です。
先日は2×4専用の金具が〜と言いましたが、
その他のL字の金具や斜めについている金具は棚などを作る際に必須です。
特にL字金具は様々なサイズ、形があり強度の確保に大変役立つため、一度ホームセンターなどで見ておくと創作意欲がわいた時に役立ちます!





これまた前の記事で紹介した「ディアウォール」という商品は、2×4の上下に取り付けて天井に突っ張る商品です。
片方がバネになっていて、2×4を床から天井の長さより4cm程短くしておく事で、突っ張るというシンプルな構造ですが、とても便利です。

今回の様に柱代わりに使う事もできれば、
2×4とディアウォールとL字金具を使うだけで、棚や本棚として使える家具の出来上がりです。
更には建てたディアウォールの柱に合板(ベニヤ板やそれよりも厚い木の板)を貼れば壁代わりになり穴をあけたり色を塗ったり自由自在です!

※取り付けを行う前に必ず天井と床の状態を確認してください。
天井が押すとヘコむ、天井または床が斜めになっている等ですと使用で来ません。
破損してしまった場合自己責任となってしまいます。





あとDIYをする上で必須なのがビスです。
釘を使う事もできますが、釘よりも強度を保つ事ができ、トンカチで怪我をする可能性がないのでビスをお勧めします。





これがスリムビスという物です。

これは木ネジと呼ばれたりもします。
わかり辛くて申し訳ないのですが、先端が少し変わっていて木に打ち込んだ際に木が割れ辛いです。
特に端っこにビスを打つと木が割れたり裂けたりしてしまうことが良く有るので、これを使うと失敗が少なくなるかと思います。


また、似た物でコースレッドビスという物も有ります。
こちらは先端の形状も普通の物ですが、保持力(強度)が釘の5倍有ると言われます。
下穴(ビスを打つ前に小さめの穴)をあける手間を惜しまないのであれば、こちらを使用する事もいいと思います。




最後にこの自転車ラックの制作手順を書きますと

1:床から天井までを測る。また実際に自転車を掛ける部分の幅を決める

2:ホームセンターに行きディアウォール、各種金具類、スリムビス、2×4を購入。(面倒であれば有料でカットしてもらう)

3:一人で作業する場合は柱となる2×4に測った上でL字金具または2×4固定金具を取り付ける。(2本とも)

4:ディアウォールを使い柱を2本立て、横に渡す2×4の幅になるよう微調整。

5:横に渡す2×4をのせ、固定していく。(落とし怪我をしないよう注意)

上記の様な感じです。
もし二人以上で作業出来るならば、すべて組み付けてから天井に突っ張った方が落として怪我をする可能性が減り、安全に作業出来るかと思います。




まだまだ文章を書き慣れていないので、読み辛い、わかり辛い等有るかと思いますが、ご容赦下さい。



では!











PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
高須
性別:
非公開
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP